高収入 エステ求人

エステティシャンの努力

金髪の女性

エステ店で、ビューティーアドバイザーをしていた私はエステティシャンのたくさんの努力を知っています。
一人前のエステティシャンになる為には、まずしっかりと研修を受けなければなりませんが、その研修は体育会系さながらの縦社会で行われます。施術をする時に使うタオルやローションや時には機械等を、コースに合わせてセッティングし、授業中は長いコースなら120分間全身を使って休まずに施術をします。時には教官にモデルになって頂き、身体に触れるポイントがずれていないか確認しながら、叱られながら練習していきます。
そして授業が終わるとすぐに使用済みの道具の消毒やタオルの洗濯、掃除。次の授業の準備を休み時間を利用して行うので、いつも休みなく動いています。そんなエステティシャン達は、一人前になっても動き続けます。予約のスケジュールがあるので、時間を遅らせるわけにはいきません。
けれども、稼働率を上げる為にお客様の希望したコース時間しか枠が取られていない為、エステティシャン達はその枠の中で施術をし、施術をしながら化粧品をラインで使うようにお勧めをします。
これは日頃から統一された化粧品を使う事によってお客様の状態が良くなる為でもありますが、会社の利益の為でもあります。そしてエステティシャンは自分でも自社の化粧品を買い、会社の利益に貢献すると共に知識を増やしていくのです。

contents

TOP